スペシャル

  • ぬり絵コーナーボタン
  • キャラ弁ボタン

キャラ弁タイトル

キャラ弁コピー

インタビューイメージ

ー 子どもたちが大好きなジョージのキャラ弁を、お二人にそれぞれ作って来ていただきました。

小山 キャラ弁はまずキャラクターに似ていることが大事です。あまり細かいことは気にしなくてもいいですが目に特徴があるとかそういうポイントはしっかりおさえておきます。

坂下 確かに、似ていなかったらイヤですよね(笑)。

小山 TVやDVDを見ただけでは作れませんからキャラクターのイラストを拡大・縮小コピーしてお弁当の大きさに合わせて型紙を作ります。アバウトではうまくいきませんね。

坂下 私は相当アバウトなので、これがけっこう大変でした。型紙の作り方は、あらかじめ先生に教えていただいていたのですが……。

小山 ジョージはクリッとした目と、額に特徴がありますから、そこさえおさえれば大丈夫。私は毛のモコモコした感じも出したかったので、薄手のさつま揚げを利用して全体の輪郭を作り、その上にチーズの顔を載せました。目鼻はのりを細く切って貼りつけますが、これがいちばん大変でしたね。薄いとよじれてしまうので、厚手ののりを使った方がいいと思います。坂下さんは、パンですね。

坂下 ジョージを何で作ろうかと考えたときに、娘はパンが好きだから、じゃあジョージの色に近いライ麦パンを使おう! と。そこまではよかったんですが、パンって、細かいところが切りにくいんです。ピッと立っている頭の毛とか。

小山 上手に切れていますよ。パンで色を出すには、トーストしてもいいですね。

インタビューイメージ

ー お弁当作りで大事なことは、やはり栄養バランスでしょうか?

小山 栄養バランスはもちろん大事ですが、パッと見たときにワクワク感があることも、とても大事ですね。食欲旺盛なお子さんならいいんですが、食が細いお子さんだと、「わあ、おいしそう」「楽しい」というのが、2つ3つないと。蓋を開けたときに茶色っぽいものだけでは、食欲がなくなってしまいますから、まずは彩り重視で。赤青黄色の三原色を野菜で入れると、見た目もきれいで栄養バランスもよくなります。

坂下 私は困ったときのプチトマト頼みで、彩りがほしいときは必ず入れます。今回も入れてしまいました。

小山 トマトはいいですよ、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていますし。オクラの緑と、花ウインナーの真ん中に黄色いコーンも入っていますね。

坂下 オクラは娘の大好物なので、塩ゆでして味付けのりを巻いてみました。ウインナーは、こうすると華やかになっていいかな、と。

小山 のりを巻いたり、コーンを入れたりと、一工夫することで食品の種類も増えますね。1日30品目と言いますが、15品目ぐらい食べていれば、まずは安心です。また、お弁当は水分が出るとまずくなります。ですから、たとえば緑の野菜なら、水分の出やすいほうれん草などは避けて、アスパラやブロッコリーを使う。オクラも正解です。

坂下 よかった! 先生に、「お弁当は楽しさが大事で、デザートも一つの方法」と教えていただいたので、デザートも入れました。実は、パンを取ると、その下に隠れているんです。

インタビューイメージ

小山 素晴らしい!

坂下 みかんにハチミツをかけただけなんですけれど。

小山 いいんですよ、簡単なもので。甘いものは、気持ちを落ち着けて満足感を与えてくれますから、入れたいものの一つです。お子さんには「最後に食べてね」と言っておくといいと思います。私は缶入りのミックスビーンズに、やはりハチミツをかけて、ラップでキャンディ包みにしました。ミックスビーンズはサラダ用と思いがちですが、甘みを加えればデザートにもなるんですよ。

坂下 量的にはどうでしょうか?

小山 パンは軽いですよね。4、5歳のお子さんでも、全体で200グラム程度ないと、満腹感が得られません。大人ならば500グラムは必要です。そこでパンの場合は、おかずで重量やカロリーを増やして、満腹感を持たせる必要があります。揚げワンタンやポテトサラダを入れたのは、よかったと思います。

ー 忙しい毎日のなかで、どうすればワクワク感のあるお弁当を無理なく作れるのでしょう?

小山 お弁当は毎日のことですから、「昨日も一昨日もこれが入っていた」では、いけないと思うんです。その日の朝に、やっつけ仕事で簡単に作れるものではないんですね。ですから、あらかじめ1週間分とか2週間分とか、お弁当のメニュー作りをしておくといいと思います。

坂下 うちの場合は保育園に給食がありますが、毎日のお母さんは本当にたいへんだと思います。ただ、子どもたちが外でご飯を食べるのがすごく好きなので、私もお弁当はよく作ります。確かに、毎回同じものだと飽きられてしまいますね。

小山 手間を省くには、たとえば夕食に餃子を作ったら、ついでにその餡をワンタンの皮で包んで冷凍しておく。お茶碗を洗いながら鮭を焼いて、ほぐして瓶に入れておく。こういった“ついで・ながら”をするといいですよ。

坂下 私は、お休みのときにトマトソースを大量に作って、小分けして冷凍し、忙しいときに出して使っています。

小山 とてもいいですね。常備菜があると、使い回しができますから。作った日付を書いて瓶に入れておけば、一目で中身がわかりますしね。

坂下 なんだか自信がついてきました。とはいえ、子どもたちがすごく喜ぶのはわかっていても、毎回キャラ弁を作るのは、大変ですよね。

小山 毎回でなくて、いいんです。お誕生日とか、おひな祭りとか、特別な日に作ってあげれば。嬉しさとおいしさがいっしょになって、大事な思い出になりますよ。

坂下 ほっとしました(笑)。最近、娘が私の手伝いをしたがるので、子供用の包丁を買ってやったばかりなんです。今度、娘といっしょに『おさるのジョージ』のキャラ弁作りをしてみようかな。

インタビューイメージ

小山 いいですね! 食べ物に興味を持つということは、好奇心旺盛になることですし、観察力がつくことでもあると思います。また、食べ物のことは、家族みんなが参加できる、とてもいい話題ですよね。たとえばトマトソースを使ったお料理のときには、「これはイタリアのお料理なのよ」とか、「トマトって、いろんな種類があってね」なんて話をする。そうすると、お子さんが「大きいトマトと、ちいちゃいトマトはどう違うの?」と、質問を返してきたりして、そこからまた話がひろがります。あるいは、「チーズは牛乳で作るのよ」「じゃあ、今度みんなで牧場に牛を見に行ってみようか」といった話にもなりますよね。

坂下 世界が広がりますね。食育って、なんだか難しそうな気がしていましたが、そういう風にすれば、家族全員が楽しめますね。

小山 ええ。その意味でも、ぜひお子さんたちといっしょに、楽しみながらジョージのお弁当を作ってみてください。

おさるのジョージの作り方

お弁当イメージ

[用意するもの]
■おさるのジョージのイラスト
■台紙:裏がツルツルにコーティングされた紙
    (お菓子の空き箱などを利用)やクリアホルダーなど
■包丁
■料理用のカッター
■ハサミ
■ピンセット など

イラストダウンロード

1

ステップイメージ

おさるのジョージのイラストを、
お弁当箱のサイズに合わせて拡大・縮小コピーする。

2

台紙にコピーを貼って、型を切り抜く。
台紙に貼るのは、コピー用紙が具材にくっつくのを防ぎ、繰り返し使えるようにするため。
今回は、頭の輪郭と顔の輪郭の2種類の型紙を制作。

3

ステップイメージ

まな板の上に、4分の1サイズに切ったクッキングペーパーを敷き、
その上に具材(さつま揚げなど)を置き、コーティング面を下にして型紙を重ね、
型通りに切り抜く。クッキングペーパーを敷くのは、クッキングペーパーごと
回転させることで、細かい部分が切りやすくなるため。包丁で切りにくい場合は、
料理用のカッターやハサミを使ってもよい。

4

ステップイメージ

のりで目鼻口などを作る。
のりは薄いとよじれてしまうので、厚手のものを使用。
貼込むときはピンセットを使うとよい。

ご飯のお弁当 レシピ

メニュー
さつま揚げとチーズの「おさるのジョージ」、鮭フレークごはん、エビマヨネーズ、ささ身のカニカマ巻き、
アスパラのハム巻き、ブロッコリーごま和え、焼きかぼちゃ、豆豆キャンディー

材料
さつま揚げ(30g1枚)、とろけるスライスチーズ(1枚)、のり(少々)、ごはん(80g)、甘塩鮭(1/4切)、
エビ(小3尾)、鶏ささみ(1/2枚)、カニカマ(2本)、アスパラガス(1/4本)、ハム(1/2枚)、カボチャ(10g)、
ブロッコリー(10g)、 ミックスビーンズ(缶入り、10g)、塩、片栗粉、小麦粉、マヨネーズ、みりん、しょうゆ、
焼き油(キャノーラ油など)、ハチミツごま和え衣:白いりごま(大さじ1)、しょう油(小さじ1/2)

作り方
①さつま揚げと、とろけるスライスチーズを、おさるのジョージの型紙に沿ってカットし、重ねる。
 のりで作ったパーツで顔を作る。
②甘塩鮭を焼いてほぐし、ごはんにふりかける。
③エビは片栗粉をまぶして油で焼き、冷ましてからマヨネーズで和える。
④ささみはたたいて薄くのばし、のり、カニカマをのせて巻く。
 小麦粉をつけてフライパンでころがしながら焼き、みりん・しょうゆをかけ回して味をからめる。
⑤アスパラガスは塩ゆでし、ハムで巻く。
⑥かぼちゃは一口大にカットしたものを、厚さ3mmに切ってフライパンで焼き、塩を少しふる。
⑦ブロッコリーは塩ゆでし、ごま和え衣を裏に少しつける。
⑧ミックスビーンズにハチミツを少量入れて、ラップで包む。
⑨②の上に①を載せ、おかずを彩りよく詰める。

ご飯のお弁当 小山さんのポイント

ポイントイメージ

■ジョージは、頭を薄手のさつま揚げ、顔をとろけるスライスチーズで表現しました。とろけるスライスチーズを使用したのは、通常のスライスチーズ(プロセスチーズ)よりも柔らかくて切りやすいためです。

■ご飯は、おにぎりにすると時間がかかるため、上に鮭フレークを散らしました。鮭フレークは、甘塩鮭を焼いてほぐし、瓶に入れておけば、冷蔵庫で数日もちます。

■エビマヨネーズ、ささみのカニカマ巻きは、手がかかっていそうに見えて、実はさほど時間をかけずにできます。

■緑の野菜は、水分の出にくいアスパラガスとブロッコリーを使用。それぞれハムで巻く、ごま和えにする、と一工夫しました。ごま和えにすると、野菜が水っぽくなりません。

■カボチャは、子どもは煮物があまり好きではないので、スライスして焼きました。

■デザートは缶入りのミックスビーンズにハチミツを加えラップで包みカラービニールタイで口を縛ってキャンディのように。カラービニールタイは100円ショップで手に入ります。

■お弁当は、頭で考えたものと実際に仕上がったもののイメージが、違ってしまうことがあります。そのため私は、アイデアが固まったら色鉛筆を使ってざっと描いてみて、「緑が多すぎるから減らそう」とか、「お弁当箱は赤の方がいい」などと、試行錯誤しながら決めていきます。こうすると失敗がありません。

パンのお弁当 レシピ

メニュー
ライ麦パンとハムの「おさるのジョージ」、揚げワンタン(ケチャップ添え)、花ウィンナー、ミニトマト、
オクラの味付けのり巻き、ポテトサラダ(ハム、枝豆入り)、ハチミツみかん

材料
ライ麦パン(スライス2枚)、ハム(1枚)、のり(少々)、クリームチーズ(10g)、イチゴジャム(5g)、
ワンタンの皮(3枚)、えび(小1尾)、鶏ひき肉(5g)、ウインナー(1本)、スイートコーン(缶入り、2粒)、
ミニトマト(2個)、オクラ(1本)、味付けのり(2枚)、ジャガイモ(20g)、マヨネーズ(小さじ2)、ハム(5g)、
冷凍枝豆(5g)、みかん(1〜2房)、塩、マヨネーズ、ケチャップ、ハチミツ、揚げ油(キャノーラ油など)、各少々

作り方
①ライ麦パン2枚とハム1枚を、おさるのジョージの型紙に沿ってカットする。ハムの裏側にマヨネーズを塗って、
 上になるライ麦パンに貼る。のりで作ったパーツで顔を作る。
②下になるライ麦パンの片面にクリームチーズとイチゴジャムを塗り、①と合わせる。
③ワンタンの皮にえびと鶏ひき肉、塩少々を混ぜて包み、揚げる。ケチャップを容器に入れて添える。
④ウィンナーをゆでて2分の1に切り、さらに花型に切って、中心にコーンを挟み込む。
⑤オクラを塩ゆでし、味付けのりで巻く。
⑥ジャガイモを塩ゆでしてつぶし、塩少々とマヨネーズで和え、細かく切ったハムと枝豆を混ぜる。
⑦みかんの皮をむき、少量のハチミツで和えて、ラップで包む。
⑧⑦の上に②を重ねて入れ、おかずを彩りよく詰める。

パンのお弁当 坂下さんのポイント

ポイントイメージ

■ジョージは、頭をライ麦パン、顔をハムで作りました。載せただけではハムがパンにくっつかず、持ち歩くとずれてしまうので、裏にマヨネーズを塗って固定しました。

■パンは2枚重ねて、チーズが大好きな娘のためにクリームチーズを間に塗り、ジャムも少し入れました。 ・ポテトサラダをパンに挟もうかとも思ったのですが、そうするとパンが湿気ってしまうので、サラダは別にして枝豆とハムを混ぜました。

■パンの下にはデザートのみかんを隠し入れ、サプライズに。

■オクラも娘の大好物なので、塩ゆでしてから味付けのりを巻きました。

■ウインナーは花形に切り、まんなかにコーンを入れてかわいらしく。

■揚げワンタンは、中華鍋に少しだけ油を入れて、斜めに傾けて鍋の端の方で揚げました。3個か4個揚げるだけなら、この方法が便利です。